メッセージ|訪問介護や身体介護、生活援助など介護の事ならライフアスへ

企業情報|サイトマップ
ライフアス訪問看護・リハビリステーション
お問合わせは045-326-6729 メールでのお問合わせはこちらから
訪問看護 訪問リハ 料金案内 採用情報
 
ライフアスの訪問看護 「ライフアス」は看護と医療の橋渡し役として、途切れることのないご利用者様本位のサービスを提供します。
 
ライフアスへのお問合わせは
ライフアスブログ
ライフアススタッフ募集バナー
ライフアスの訪問看護 訪問看護お手続き|メッセージ
私の訪問看護師としての経験は、15年前に祖母が脳梗になった事がきっかけで在宅医療に興味を持ち、私の訪問看護人生が始まりました。現在の日本では50%の方が「住み慣れた家で自分らしい暮らしを続けながら適切な医療を受けて最期を迎えたい」と願っています。しかし、実際に自宅で看取りをしているのは13%で、なぜ自宅で終りたいのか、それは家のベットから見える庭の風景、いつものシミやカーテンのほつれ、部屋の佇まいなどが患者さんの心を穏やかにし、静かな最期が迎えられるからだと思います。そんな多くの方の力になりたいと願う気持ちからスタートした訪問看護でした。
そんな折、「*クリッパンの老人たち」の中に書かれている高齢者介護にいたく感動し、スウェーデンに興味を覚え、スウェーデンの大学へ認知症緩和ケアについて学びに行きました(今から約15年前のこと)。その頃すでにスウェーデンでは、高齢者施設に多額の税金を使うことで在宅で暮らせる仕組みをつくることが、基本にありました。
また、癌性の疼痛の緩和をはかりながら、安定した暮らしをしている一人暮らしの高齢者がいる事もとても興味深いものだった。もともと核家族の多いスウェーデンには一人暮らしの高齢者がとても多く、その方達が慣れ親しんだ自宅で生活している事実に感銘した。近い将来日本でももっともっと在宅で看取りができる方が増えると思いました。
今後、ライフアス訪問看護ステーションとして看護師の力を一つにした在宅 看護・緩和ケアに取り組んでいくいこと。
また、スタッフ全員が訪問看護を楽しんで皆さんと「感動」のあるステーションを目指す事が、顧客およびケアマネの満足度が向上し持続可能な経営基盤の強化につながると考えております。
1:ご利用者とご家族へのニーズに対応したより質の高いサービスの提供
2:「笑顔・希望・安心」を提供できる人材の育成と確保
3:生き生きとやりがいを持ち訪問看護ができる職場環境の構築
4:他ステーションとの差別化としてスウェーデンハンドセラピーの意欲的
 
| 訪問看護 | 訪問リハ | 料金案内 | 採用情報 | 企業情報 | 個人情報保護方針 |