スウェーデンハンドセラピー|訪問介護や身体介護、生活援助など介護の事ならライフアスへ

企業情報|サイトマップ
ライフアス訪問看護・リハビリステーション
お問合わせは045-326-6729 メールでのお問合わせはこちらから
訪問看護 訪問リハ スウェーデンハンドセラピー 料金案内 採用情報
 
ライフアスの訪問看護 「ライフアス」は看護と医療の橋渡し役として、途切れることのないご利用者様本位のサービスを提供します。
 
ライフアスへのお問合わせは
ライフアスブログ
ライフアススタッフ募集バナー
「ライフアス訪問看護リハビリステーション」ではスウェーデン生まれの究極の癒し術であるスウェーデンハンドセラピーを現場にお届けしています。
スウェーデンハンドセラピーの最大の効果は、触れる事で相手が穏やかな気持ちになり、安心感が強くなり生活の質も向上することです。またご利用者と向き合い相手を尊重する姿勢がよりよい効果を生み出します。
スウェーデンでは1960年代半ばの未熟児のケアの中で、手で触れることにより発育が顕著であったことに着目したマッサージの手法が開発されその後、障害児のケア、またがん患者の終末期における緩和ケアや高齢者ケア、そして認知症ケアでの実践へとその領域が広がっていきました。 歴史的にみると、皮膚の接触は私達人間が互いにコミュニケートする為の最も古い方法の一つです。多くの文化において身体的な接触は、献身と安心や親近の表現とされてきました。 スウェーデンハンドセラピーは、背中・手・足に触れる事により、触感や身体領域の認識を向上させ、不安や恐れを軽減し、痛みを和らげ、お互いのコミュニケーションを促していく療法的な手法です。 肌に触れ触覚神経を刺激することでオキシトシンというホルモンの分泌を促し、それにより穏やかさと安心感をもたらし、施術する側と受ける側との間に、親密感と信頼感を生み出します。 また、睡眠状態の改善や便秘の改善といった身体への働きかけでなく、施術によってもたらせる穏やかさや安心感は精神的な症状にも働きかけます。 特に認知症や障害を持つ人など周りとのコミュニケーションに困難を抱える人にとって、「自分が慈しみを受けている」、自分が人に認められている」さらに「自分が大切にされている」という意味を感じる事で、その人自信の自意識や自尊感情の向上に繋がり、その結果日常的なQOLの向上に貢献します。 当ステーションには、認定インストラクターおよびセラピストの看護師がおります。介護保険内でセラピーを受けることができます。無料体験も実施しております。
 
 
| 訪問看護 | 訪問リハ | スウェーデンハンドセラピー | 料金案内 | 採用情報 | 企業情報 | 個人情報保護方針 |